住宅リフォーム設計施工 《主寝室》 戻る
日本テクノ株式会社 住宅リフォーム・介護保険住宅改修・福祉用具レンタル、販売・美容健康用品販売
トップページ 特定商取引の表示 水周りリフォーム館 個人情報の取扱いについて



 主寝室


 体の自由がきかなくなると、寝室での生活時間が多くなりますので、適切な広さや万一のときの非難口、排泄場所、換気など検討をしなければならない箇所が多くあります。ここでは、安全で快適な生活が送れるよう、考えていきます
(024)962−3960(代表)     k.ogawa@nihon-tekuno.com








・寝室は、玄関と同一階に配置して、トイレ・洗面
 所・浴室は隣接しましょう。将来のために畳1
 帖分の収納スペースを確保しておくと後のトイレ
 の改装が簡単にできます。



・非常時の避難や日常の庭への出入りに利用できるようテラスサッシをつけましょう。テラスへの出入り口に、ス
 ロープの設置やリフトの計画もして見ましょう。

・床は、廊下と同一レベルにして段差をつけないようにして、材質は適度に柔らかで足ざわりがよく滑らず、掃除
 しやすいもの(コルク系、木質系床材)とします。タイルカーペットも部分的に張替えができるのでお薦めです。
 毛足の長いカーペットは避けましょう。

・車いす使用の場合の床は、傷がつきにくく、傷が目立たない色や模様を選びます。毛足の長いカーペットは避
 けましょう。

・一部分床を40〜50cm上げて、畳スペースを設けると気分転換にも有効です。

       


       



・壁の仕上げは、ざらざらしているものは、避けましょう。

・寝具は、ベットが便利です。車いす使用の場合や身体の機能低
 下がすすんできた場合は、昇降機能の付いたベットを検討しま
 しょう。

・手すりは、出入り口や起き上がりの場所に設置します。家具など
 をうまく利用すれば手すりとして有効です。

・壁面収納や収納家具で収納量を十分に確保し、収納の扉は、で
 きる限り引き戸や折り戸にしましょう。

・出入り口は、引き戸とし操作のしやすい大き目の取っ手を使用し
 まし ょう。車いす使用の場合は、有効幅を800o以上確保しま
 しょう。

          



・照明器具のスイッチは、枕元で操作ができるようにリモコン式にします。光源が、直接目に入らない位置に設置し
 ましょう。

・空調計画は、床暖房が空気が汚れなく、安全なのでお薦めします。エアコン使用の場合は、直接身体に吹き出
 し口が当たらないようにしましょう。

・できれば、ミニキッチンや洗面台などの設置も検討しましょう。

・緊急時のために、呼び出しコールの設備も検討しましょう。

    


戻る



   〒963-0204
   福島県郡山市土瓜1−167
 
  日本テクノ株式会社
   Tel:024-962-3960 Fax:024-962-3965
   E−mail:k.ogawa@nihon-tekuno.com
・建設業許可番号 第23711号
・介護保険指定居宅サービス事業所番号
(0770300994)
・介護予防サービス指定事業所
・特定福祉用具販売指定事業所
・生活保護サービス指定事業所

介護相談 | 介護保険 | リフォーム | 住宅改修 | 福祉用具 | スキンケア | 会社案内 | 問い合わせ

Copyright(C) NIHON TECHNO CO,LTD. All Rights Reserved.